2009_06
10
(Wed)23:53

なんばHatch☆

今日はTちゃんのおかげで剛紫君のライヴに行ってきました(^-^)v
めちゃくちゃ楽しかったです♪その模様は後ほど熱く語る(?)として、私の今日の出来事は☆
ライヴに行くために会社を早退するどー☆
その予定でいつもより一時間早い出社!!七時半から働いておりました(笑)

そのおかげかなー今日はいいことずくめ!!!??

?会社で棚の上のものを取っていたら、なんとヘルメットが私の頭に向かって落下☆何故かカポッと頭にはまり大事には至らず(-_-;)

?難波についてなんばHatchに向かう階段を上がっていたら、何でもないその階段でつまずき、そこで反射的に「手は付かないぞー」と脳が働き、2・3段を階段ダッシュでもする勢いでパタパタっと駆け上がり恥ずかしい思いはしたけれど手をつかずセーフ☆

?極めつけは、ライブの途中でなんと隣のおねぇちゃんが水を飲んだ瞬間!!噴き出してその水を左側に浴びついでに凄い確率で耳の中に水が入った<(`^´)>

ねっすごいでしょ☆
私って凄いわ…

では、ここから先はライブの感想???興味のある方のみ先にどうぞー☆
ライヴレポと言いたいけれど、なんの記録も撮っていない、記憶力弱のために「レポ」と言う大それたものは書けません。
が、自分の思い出記録のために☆

剛紫君ライブの中でも「ライヴハウス」は初体験☆
ドキドキしながら誘ってくれたTちやんと待ち合わせ(二人きりで会うのは初めてそちらもドキドキ)
予定通りの時間に合流できたのでそのままHatchに向かい、その途中の階段で前述のような猛ダッシュをかるくして(笑)軽食をとりながらTちゃんと萌え話☆
その後Hatchに☆
Hatchではカバンをロッカーに預け、チケットだけを手に整理番号順に軽くならんで良い子に待っていました。そこで、悪い子(笑)きむむんに遭遇いじめられ…うそうそ。きむむんと話をしつつーいわさんにも遭遇し、なんだかいつも通りのメンバーがそこで揃った感じ(笑)
入場が始まったらTちゃんと私は整理番号が早かったので先に行っちゃいました。
そんでもって中でワンドリンク料金を支払(全員強制)引換券をもらって会場に☆そこで私、Tちゃんに追いつくべくテケテケーっと小走りしたら係員のにーさんに「走らないでください」と注意されました(--;)にいさん私は会場入場をわれ先に急いだわけでは…Tちゃんに追いつきたかっただけなの…。
そのご会場までの長い通路を早足で急ぎ、途中でワンドリンクを引き換え(水か爽健美茶←なぜ十六茶じゃない??)会場に到着☆ライブハウスなのでスタンディングなので好きな場所に☆
かなり前列のど真ん中に位置取りひたすら待つ待つ待つ!!!!

ちょっと遅れたかな??ほぼ定刻通り開演☆
私は最初に流れる何とも言えないマニア的にはエローな感じの(勝手にそう思っているだけ)映像を口半開きで見ながら剛紫さんのことをガンミ(笑)ドーム・ホールでは考えられないくらいの近距離で、剛紫君のての血管や筋までくっきり肉眼で見えました。
あーよく見えるコンタクトをして行ってよかったー(仕事のときはこれをつけるとちょっと疲れる)
そんな事を思いつつ、いつも通りにじーっと聞き入っていました。
そしてMCで剛紫君が話しだしたら「かわいー」と声援が☆それに剛紫君も答えるからヒートアップ☆
私の隣のおねぇちゃんも「かわいー」「ぬいでー」とかを連発し、それを二回ほど拾ってもらったもんやから嬉しすぎてしゃがみこんでみもだえ…すくっと立ちあがって水を口に含んだ直後剛紫君の言ったことに噴き出したのか、むせたのか、不明だけれど、急に水を漫画で噴き出すようにキレーに「ぶーー」っと吹き出しおねぇちゃんの前の人と私に思いっきりひっかけました。
しばらく私の左耳にその水が滞在…。
プールに入った時のように首をかしげてジャンプして出しました…。
ねぇちゃんちょっと「すんません」と言いつつ私の手だけを拭きライブに熱中(怒)

気を取り直し私もライヴに☆今日は全体的にノリノリだったのか大盛り上がり☆
途中で剛紫君がペットボトルの水を飲んだので、お客で煽ったら一気飲み!!!空になったペットボトルを客席にポーンと投げ込んだら群がる群がる(笑)
前後するけれど、剛紫君がピアノやドラムを弾く曲が途中あるのだけれど、そのドラムをかき鳴らしているときに後ろ側からカメラで撮っていたのだけれど、その映像に私は釘付。キュートなヒップにズキンドキン(歳ばれる…)ものすごく可愛いのー☆もう、たまりません☆★☆
テレビで見ているとちょっと丸い印象があるようだけれど、実際はほっそい☆腰がきゅっと締まっててズボンはヒップラインがちょっと余ってました。
いかん、ライブではなく変態記録になってきたぞ(笑)

今日はここまでー。明日また続きをー(思わせぶりだ☆)
スポンサーサイト
現実   
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント